本利用に関するルール(以下「本ルール」といいます。)は、BRJ株式会社(以下「当社」といいます。)とBird Rides, Inc.(以下「Bird Rides」といい、当社とBird Ridesを総称して「当社ら」といいます。)が提供するアプリケーション、ウェブサイト及びプラットフォームを通じてユーザーに提供される電動キックボード並びにこれに付随するサービス(以下「本サービス」といいます。)における、電動キックボード(以下「車体」といいます。)の利用条件を定めることを目的とし、本サービスの利用規約と共に、ユーザーと当社との間の本サービスの利用契約(以下「本契約」といいます。)に関わる一切の関係に適用されます。なお、本ルールにおいて使用する用語は、本サービスの利用規約において定義されたとおりとします。

1. 車体利用の一般条件

1.1 ユーザーによる利用
当社及びユーザーは、本契約の独立した当事者としての地位のみを有するものとし、本契約上の如何なる規定も、当事者間にパートナーシップ、代理関係等を構成するものではないものとします。ユーザーは、(a)ユーザーが車体を利用する唯一の者であり、ユーザー自身が利用規約、本ルール、利用ガイドその他の条件を遵守する責任を有すること、(b)ユーザーのみが車体を利用すること、(c)第三者に車体を利用させてはならないことを確認するものとします。
ユーザーは、本サービスの利用規約、本ルールその他当社らが提供する利用ガイド等に従うことを条件に、車体を利用することができるものとし、ユーザーによる車体の利用開始から返却するまでの車体の利用行為の一切(車体の運転及び走行中又は駐停車の際の利用行為を含みますが、これらに限られません。)を、以下「レンタル」というものとします。
1.2 ユーザーの年齢
ユーザーは当社らに対し、車体の利用開始時点において、ユーザーが18歳以上であることを表明し、保証するものとします。
1.3 車体の運転者としての技能
ユーザーは当社に対し、車体を運転するユーザーが、道路交通法における小型特殊自動車を運転することができる有効な運転免許証及び車体を運転するために必要な合理的な技能を有し、車体をレンタルするに当たり、車体に適合する身体(身長、体重等)を有することを表明し、保証するものとします。ユーザーは、当社が本アプリその他の資料を通じて提供した安全事項を熟読するものとします。ユーザーは、車体のレンタルをするに際し、レンタルによる怪我又は体調に関する責任及びリスクを想定したうえでレンタルするものとします。ユーザーは、車体のレンタルをするに際し、天候状況(降雨、霧、降雪、雹、アイスバーン、路面の高温化又は激しい雷雨を含みますが、これらに限られません。)による危険が生じることにつき、自ら責任を負うものとします。ユーザーは、天候に見合ったブレーキ制動距離、視認性、周囲の確認状況及び交通状況を十分に確認するものとします。
1.4 車体の所有者
ユーザーは、車体及び車体に付属し又は関連するあらゆる機材(以下「車体等」といいます。)の所有者が、いかなる時も、当社(又は正当な権利により当社に当該機材を貸し出し、又はライセンスした第三者)に留保されることに同意するものとします。ユーザーは、車体等の全部又は一部につき解体、落書き又はその他の変更、修理若しくは汚損してはならないものとします。ユーザーは、いかなる方法でも、車体への落書き、表面の剥ぎ取り、ステッカー等の貼り付けをしてはならないものとします。ユーザーは、当社による明示の承諾がない限り、車体等をいかなる広告又はその他の宣伝目的に使用してはならないものとします。
1.5 レンタル時間及びレンタル可能時間
ユーザーは、本サービスは午前6時~午後10時まで、365日利用可能であることに同意し、確認するものとします。車体のレンタル時間は、本項に定める時間及び2.3項に定める最大レンタル時間に限定されるものとします。車体の数は限られたものであり、車体の利用可能性につき、当社は何ら保証しないものとします。ユーザーは、当社がいかなる時も、車体の返還を求めることができることにつき同意するものとします。 ユーザーは、本アプリを通じて、車体のレンタルを申請することができるものとします。当社は、ユーザーが行った車体のレンタルの申請について、車体のレンタルの可否、ユーザーの希望する車体のレンタルの内容につき、いかなる保証もしないものとします。
1.6 利用禁止ゾーン/利用可能エリア
ユーザーは、利用禁止ゾーン又は利用可能エリア外において、車体を使用しないこと、運転しないこと及び/又は車体に乗車しないことに同意するものとします。また、ユーザーは、当社により明示的に権限を与えられた場合を除き、車体を移動又は輸送しないことに同意するものとします。
1.7 法令遵守
ユーザーは、車体等のレンタル、乗車、駐停車及び/又は運転に関連する全ての法令(ユーザーが車体を利用する場所に関連する法律、条例、規則、命令等を含みますが、これらに限られません。)を遵守することに同意するものとします。ユーザーは、他のユーザー、他の運転者、歩行者その他の第三者に対し、交通マナーを含むあらゆるマナーを守った行動をするものとし、これらの者を尊重した行動をすることに同意するものとします。
なお、ユーザーは、当社がユーザーに対し、車体等のレンタル、乗車、駐停車及び運転において、ヘルメットの着用を推奨することを確認するものとします。
1.8 禁止事項

ユーザーは、以下の事項に同意するものとします。

・当社は、車体のバランスに影響を与え、重量を増加し、車体の安全運転を損なう可能性があるため、鞄、バックパック、バッグその他の荷物を所持して、車体を運転しないことを推奨します。ユーザーがこれらの荷物を所持して車体を運転した場合、ユーザーは、ユーザー自身に生じるおそれのある危険を引き受けたものとします。また、当社は、ユーザーに、荷物をユーザーの身体にぴったりとフィットさせ、その他の安全な状態であることを確認し、車体を安全に運転する能力を妨げない状態とすることを推奨します。

・ユーザーは、車体のハンドルバーに、バックパック又はバッグ等の荷物を置いてはならないものとします。

・車体の運転中、ユーザーは、携帯電話、スマートフォン、テキストメッセージデバイス、ミュージックプレイヤー又はその他の車体の安全運転を妨げるおそれのあるデバイスを使用してはならないものとします。

・ユーザーは、アルコール又は車体を安全に運転する能力を妨げるおそれのある物質を摂取した状態で、車体の運転を行ってはならないものとします。

・ユーザーは、車体にペット等の動物、第三者又は子供を乗せてはならないものとします。

・ユーザーは、当社により提供された施錠の仕組みのみ使用することができるものとします。ユーザーは、当社の指示によらない車体への施錠の追加又は車体の施錠をすることができないものとします。

・ユーザーは、駐車禁止区域に駐車しないものとします。車体は私有地、閉鎖区域、遮断された道路又はその他承認されない私有地等に駐車することができないものとします。

・車体は、見えるように駐車し、またキックスタンドを用いて直立に駐車しなければならないものとします。

1.9 車体の利用目的
ユーザーは、車体をレース、急坂登降や段差越え等のマウンテンバイクとしての利用、又はスタント若しくは曲乗りの目的に利用しないことに同意するものとします。ユーザーは、車体を未舗装道路、水中(通常の都市での乗車の範囲を超えるもの)又は違法な及び/又は禁止され、迷惑を及ぼす場所において運転又は利用しないことに同意するものとします。ユーザーは、車体を雇用、報酬目的又は法令、命令又は規則に違反する目的に利用しないことに同意するものとします。
1.10 耐荷重量及び荷物の上限
ユーザーは、車体の耐荷従量を超える利用をしないものとします。
1.11 改ざん及び無権限利用の禁止
ユーザーは、本契約に定める場合を除き、本サービスの改ざん、不正アクセスの試みその他の方法により本サービスを利用しないものとします。
1.12 損傷、故障、交通違反等の報告

ユーザーは、事故、車体の故障、損傷、人身傷害、交通違反又は車体の盗難若しくは紛失につき、可能な限り早急に、当社に対して報告しなければならないものとします。事故が人身傷害、物的損害又は車体の盗難を伴う場合、ユーザーは、24時間以内に当該事象を管轄する警察署に報告するものとします。ユーザーは、車体の盗難又は紛失に関するあらゆる種類又は性質の損害(請求、責任、費用、罰金、弁護士費用、訴訟費用等を含みますが、これらに限定されません。)の支払いについて、ユーザーが責任を負うことに同意するものとします。

ユーザーは、レンタル中に事故が発生した場合、事故の種類(人損、物損)、事故の規模や損害の大小にかかわらず、法令等で定められた措置をとるとともに、以下の各号に定める対応をすべて行うものとします。

(1) 直ちに最寄りの警察(負傷者がいる場合は119番)に通報すること

(2) 直ちに事故の状況を当社に連絡すること

(3) 直ちに当社が指定する保険会社に連絡すること

(4) 当該事故に関し、当社が要求する場合は当社に、当社が指定する保険会社が要求する場合は当該保険会社に対し、書類その他証拠となる資料を速やかに提出すること

(5) 当該事故に関し、ユーザーが自ら又は代理人をして第三者と示談あるいはその交渉を行う場合、当社の書面による事前承諾を取得すること
ユーザーが、事故の発生につき当社、警察又は当社の指定する保険会社に連絡を行わない等、本項に定める内容に違反し、事後的に当該事故の存在が発覚した場合、ユーザーは当社に対し、違約金として3万円を支払うものとします。ただし、ユーザーが本項に定める内容に違反したことによって当社に生じた損害が違約金の金額を上回る場合、ユーザーは当社に対し、当社に生じた損害額を支払うものとします。
ユーザーは、当該事故につき本項に定める内容の対応を自らの責任及び費用において行うほか、自らの責任及び費用において、当該事故の解決に必要な一切の行為を行うものとします。

・ユーザーの自動車保険は、該当する車体に関係する又は損害を与える事故につき、補償の範囲が及ばない場合があります。補償の範囲が及ぶか否かを判断するには、ユーザー自身が保険会社又は保険会社の代理店に連絡する必要があります。ユーザーが自動車保険又はその他車体の事故等を補償する保険を有する場合、ユーザーは、当社が指定する保険に優先して、当該ユーザーが有する保険により当該事故に係る損害等が填補されること、及び自ら又は第三者をして、当社に対して求償権を行使しないことに同意するものとします。

ユーザーは、交通違反及び関連する違反切符、反則金、罰金又は課徴金は、レンタルの終了時における不適切又は無許可駐車に関連するものを含め、ユーザーの責任ないし費用において負担するものであることに同意するものとします。

ユーザーは、当社が法執行機関と協力して、必要に応じて、当社が保有する情報のうち当社が必要と認める情報を当該機関に提供する場合があることに同意し、了解するものとします。

当社は、ユーザー自身による車体のレンタル中に限って適用される、当社及び当社が指定する保険会社との間の車体にかかる保険契約(以下「保険契約」といいます。)に基づき、傷害補償及び賠償責任補償につき、以下に定める補償限度額内の保険金において、補償するものとします。
(1) 傷害補償
死亡・後遺障害:500万円
傷害補償は、急激かつ偶発的な事象により発生した事故による傷害を対象に補償するものであり、ユーザーの故意・重過失に起因する傷害は、傷害補償の対象に含まれないものとします。
(2) 賠償責任補償
対人賠償責任補償額:無制限(自動車損害賠償責任保険を含む)
対物賠償責任補償額:無制限(1事故限度額)
賠償責任補償は、ユーザーが車体の利用に起因して第三者の生命、身体、財産に損害を与えた場合のユーザーの法律上の賠償責任を対象に補償するものであり、ユーザーが負担する損害賠償責任の金額を上限とします。ユーザーの故意・重過失に起因する賠償責任は、賠償責任補償の対象に含まれないものとします。

ユーザーは、本項に定める保険会社から支払われる金額を超える損害につき、ユーザー自ら負担すること、及び、当社は当該損害につき、ユーザーに対して何らの責任を負わないことに同意するものとします。
ユーザーが本規約に違反した場合又は保険金の支払条件を充足しない場合その他の事由により、本項に定める保険金の支払いがなされない場合があり、ユーザーはこのことにつきあらかじめ同意するものとします。この場合、ユーザーは、本項に定めるユーザーの責任につき、ユーザー自らが負担するものとします。
1.13 車体の返却、車体の利用及び損傷にかかるユーザーの責任
ユーザーは、車体をレンタル開始時と同じ状態で、当社が指定する方法により当社に返却することに同意するものとします。当社は、ユーザー又はその他の者により引き起こされた車体への損害(破壊行為を含みます。)、水害又は盗難について、車体の価額、回収に要する費用、その他当社が負担した一切の費用を加えた金額を、ユーザーに対して請求するものとします。ユーザーは、車体の通常の利用で発生する通常の摩耗については責任を負わないものとします。
1.14 電動式キックボード

車体は、バッテリーを充電することにより走行が可能となる電動式のキックボードであり、走行に伴いバッテリーの残量が減少します。ユーザーは、車体が電動式キックボードであり、車体にかかる制限及び要件に照らし、車体を安全かつ慎重に利用し、運転することに同意するものとします。
また、ユーザーは、以下の事項につき理解し、同意するものとします。

・車体のバッテリーの残量は、車体の使用に伴い(時間の経過と走行距離の双方により)減少し、車体のバッテリーの残量が減少することにより、車体の速度その他の操作能力が低下あるいは停止することがあります。

・当社は、ユーザーが車体の走行を開始する時点において、ユーザーの走行に十分なバッテリーの残量を保証するものでなく、バッテリーの残量は各車体により異なります。

・当社は、車体のレンタル中のバッテリーの減少量につき保証するものではなく、車体、道路の状況、天候状況その他の要因によりバッテリーの減少量は異なります。

・ユーザーは、車体のレンタルを開始する前に、車体のバッテリー残量を確認するものとし、バッテリーの残量が適切であることを確認は、ユーザーの責任とします。バッテリーの減少により生じた損害につき、当社は何ら責任を負わないものとします。

・当社は、ユーザーが、車体のバッテリーが失われる前に車体を運転できる距離及び/又は時間につき、保証しないものとします。

・ユーザーによる車体のレンタル中、いつでも、車体のバッテリーが不足し、ユーザーが希望する目的地に到達する前を含め、車体の動作が停止する場合があります。

1.15 車体のバッテリー切れ
ユーザーによるレンタル中、車体のバッテリー残量が無くなり、動作が停止した場合、ユーザーは本契約の条件に従い、車体の運転を終了し、本アプリを通じて当社にバッテリー切れの旨を通知したうえ、当社の指示に従うものとします。ユーザーが本項に従って当社に対してバッテリー切れの旨を通知しない場合、当該ユーザーに対する料金の加算は継続するものとします。
車体のバッテリー残量が無くなり、動作が停止した場合でも、ユーザーは車体を当社が指定する方法に従ってパーキングゾーンに返却する義務を負うものとします。

ユーザーは、当社の事前の書面による承諾を得ない限り、車体の充電を行ってはならないものとします。

ユーザーは、ユーザーの車体の充電又は充電の試みに関するあらゆる種類又は性質の損害(請求、責任、財産又は火災、その他の損害(バッテリー切れによる車体の損傷に係る損害、パーキングゾーンに返却しなかったことにより当社が負担した回収費用に係る損害等)、負傷、費用、弁護士費用、訴訟費用等を含みますが、これらに限定されません。)の支払いについて、ユーザーが責任を負うことに同意します。ユーザーは、車体をレンタルするに際し、車体のバッテリーに関する全てのリスク及び危険に対して、全ての責任(バッテリー切れに起因する事故、ユーザー又は第三者の傷害等を含みますが、これらに限定されません。)を負うものとします。ユーザーは、当社及び他の全ての被免責者(6項で定義します。)が、人身又は財産に関してユーザーにより発生したいかなる負傷、損傷又は費用(車体の充電に関する車体それ自体、直接又は間接のものを含みます。)につき、責任を負わないことに同意するものとします。
1.16 携帯端末の要件及びアクティブなインターネット接続
当社から書面で別途指示されない限り、本アプリで本サービスをアクティブ化するには、本アプリの技術要件を満たし、本アプリと互換性のあるスマートフォン又はその他のデバイス(以下総称して「デバイス」といいます。)を使用する必要があります。本アプリへの登録、車体の施錠解除、レンタル、レンタルの終了など、本アプリの特定の機能では、アクティブなネットワーク接続が必要です。ユーザーは、ユーザーのモバイルデータ通信等の通信サービスの可用性、通信料金その他の通信環境につき責任を負うものとします。また、ユーザーは、デバイスに十分なバッテリー残量があることを確認する責任を負うものとします。ネットワーク接続の喪失又は中断、デバイスの誤動作又はバッテリーの減少の結果として、車体の施錠を解除、使用又はレンタルを終了できない場合でも、当社らは、何ら責任を負わないものとします。
当社らは、ユーザーから本アプリを通じて取得するユーザーの位置情報の正確性につき、何ら保証しないものとします。位置情報はあくまで参考であり、ユーザーの通信状況等により、位置情報の非表示、位置情報のずれ等の位置情報の不備がある等の事情により、ユーザーが本サービスを利用できない場合があり、ユーザーはこれをあらかじめ了承するものとします。

2 料金及び支払い

2.1 料金
ユーザーは、本アプリに記載されている価格に従って車体を利用できます。これには、開錠時に加算されるレンタル開始料金(100円)、レンタル中に加算される距離又は時間に基づく料金(1分につき15円。端数の時間は切り上げられるものとします。以下「加算料金」といいます。)及び/又は必要な最低料金が含まれる場合があります。ただし、当該レンタル開始料金及び加算料金はあくまで参考であり、実際にユーザーに対して請求される金額は、本アプリ上に記載されるものとします。なお、価格は変更される場合があります。いずれの場合も、料金及びその他請求には、該当する税金及びその他の地方自治体の請求が含まれる場合があります。選択した定期的な支払いを含め、本契約及び本アプリに記載されている料金の金額が(クレジットカード又は別の合意された支払方法を通じて)、ユーザーに対して請求されます。

ユーザーは、当社が独自の裁量で、ユーザーに代わってすべての交通違反切符、反則金、罰金及び/又は請求につき、適切な当局又は該当する当事者に対して直接支払うことができることに同意するものとします。当社がこれらの料金又は関連する費用を支払う及び/又は処理する必要がある場合、ユーザーは、当社が支払った金額に加えて、これらの問題に対処するための合理的な費用又は料金につき、当社から請求される場合があることに同意するものとします。これらの費用又は料金については、ユーザーに通知がなされるものとします。

当社が第三者の債権回収機関及び/又は行政機関を利用して交通違反切符、損害、法律又は本契約の違反、罰金及び/又は罰則に係る問題に対応した場合、ユーザーは、当社が負担したすべての費用及び回収料金(当該機関に対する管理費用及び弁護士費用等の訴訟費用を含みますが、これに限られません。)につき、当社の請求に異議なく応じ、これらを当社に対して支払うことに同意するものとします。
2.2 紹介及びプロモーションコード
当社は、独自の裁量により、当社が設定する追加の条件に従って、サービス又は当社が提供するその他の機能又は特典の割引若しくはクレジットに使用できる紹介コード及び/又はプロモーションコード(以下「プロモーションコード」といいます。)を作成することができます。ユーザーは、プロモーションコードにつき、(i)対象となる者により、当社により意図された目的のために、合法的に使用されなければならないこと、(ii)当社によって明示的に許可されていない限り、いかなる方法でも複製、販売、又は譲渡することができないこと、(iii)理由の如何を問わず、当社によりいつでも無効にすることができ、当社はこれにつき責任を負わないこと、(iv)当社らにより設定された特定の条件に従ってのみ、当該プロモーションコードを使用することができること、(v)現金としては使用できないこと、(vi)数量又は価額につき制限の対象となる場合があること、(vii)使用前に期限切れになる場合があることにつき、同意するものとします。
当社は、紹介システムの使用又はプロモーションコードの使用若しくは償還が誤り、詐欺的、違法又はその他本契約又は当該プロモーションコードに適用される条件に違反した場合、ユーザー又はその他の利用者による紹介システム又はプロモーションコードの使用を通じたクレジット又はその他の機能若しくは利益を控除する権利を留保するものとします。
2.3 最大レンタル時間及び料金
ユーザーは、車体をレンタルしてから24時間以内、かつ本ルール1.5 項(レンタル時間及びレンタル可能時間)に定めるレンタル可能時間(午後10時まで)に、車体を返却し、レンタルを終了にすることに同意します。ユーザーは、レンタル終了後に、本ルール1.5 項(レンタル時間及びレンタル可能時間)に定めるレンタル時間及びレンタル可能時間の範囲内において、再び車体をレンタルすることができます。車体が返却された後、累積された料金がユーザーに請求されます。

レンタル時間は、本アプリを介して車体の施錠を解除した瞬間から、ユーザーが本アプリを介してレンタルが終了したことの確認を当社が受け取るまでの間、計算されます。ユーザーがレンタルを誤って終えた場合、レンタルが終了しない場合があります。レンタルが適切に終了されない場合、レンタルは継続され、ユーザーには引き続き料金が加算されます。何らかの理由でレンタルを終了する技術的な問題がある場合、ユーザーは、当社に対し、本アプリから直ちに報告しなければならないものとします。ユーザーがレンタルの終了時に、当該問題を報告しなかった場合、ユーザーへの料金の加算が継続する場合があります。

48時間以内に返却されなかった車体は、紛失又は盗難とみなされ、ユーザーは車体の価額、回収に要する費用、その他当社が負担した一切の費用を加えた金額を請求される場合があります。当社は、車体の紛失や盗難がない場合、24時間を超えるレンタルに対して追加のサービス料金を請求することもできます。
2.4 支払方法
サービスを使用するために登録するには、ユーザーは、有効なクレジットカード番号、有効期限又はその他の有効な支払方法の情報を本アプリに入力する必要があります。ユーザーは、ユーザーが当社に提供するクレジットカード又はその他の支払方法の情報を使用する権限があることを当社に表明し、保証するものとします。ユーザーが支払方法を提供することにより、ユーザーは、当社が(Bird Rides及び/又は第三者のペイメントプロバイダーを通じて)ユーザーに対し、該当する政府からの請求(交通違反及び関連する違反切符、反則金、罰金又は課徴金等を含みますが、これらに限定されません。)並びに料金及び該当する消費税及びその他の税金を含む、ユーザーの料金及び本契約に基づいてユーザーが負担したその他の料金を、ユーザーに請求することにつき同意するものとします。

ユーザーが支払方法を提供する場合において、ユーザーの支払方法の有効期限が切れ、又はユーザーが情報を更新しないとき、ユーザーは当社による請求が継続することを承認したものとし、未収金額について引き続き責任を負うものとします。当社は、ユーザーに対する請求に失敗した後、登録されたすべての支払方法による請求を再度行う権利を留保します。ユーザーは、これらの金額の回収に関連して発生したすべての金額及びすべての費用(銀行当座貸越の手数料、回収機関の手数料、合理的な弁護士費用、調停又は訴訟費用を含みますが、これらに限定されません。)につき、引き続き責任を負うものとします。

ユーザーが、ユーザーの支払方法に関する請求に異議を唱える場合、ユーザーは月末から10営業日以内に異議のある請求につき当社に連絡し、日付やレンタルの開始時間及び終了時間等、異議のある請求を特定するために必要なすべてのレンタルに係る情報を当社に提供する必要があります。ユーザーは、支払方法を変更する場合、当該変更に関連するすべての情報を、直ちに当社に通知することに同意するものとします。

ユーザーが、クレジットカードをユーザー自身のユーザーアカウントと関連付けた場合、料金その他本サービスにおいてユーザーが負担する費用等は、当該カードに対して請求されるものとします。ユーザーは、本アプリにおいて、関連付けたクレジットカードの抹消、変更又はクレジットカードの新規追加をすることができます。ただし、ユーザーが関連付けたクレジットカードを抹消した場合、ユーザーアカウントを削除した場合においても、当社はユーザーに対する料金その他本サービスにおいてユーザーが負担する費用等にかかる請求権を失わないものとします。ユーザーが関連付けたクレジットカードを抹消した場合、ユーザーは、他の有効な支払方法が当社により再度承認されるまで、本サービスを継続して使用できない場合があることにつき同意するものとします。

3 安全性の確認、紛失・盗難等

3.1 安全性の確認
ユーザーは、車体をレンタルする前に、以下の事項を含む、車体の基本的な安全性の検査を実施するものとします。
(1) 車体のバッテリーの残量が走行に十分であること
(2) タイヤ摩耗の有無、空気圧、真円度その他の適切性
(3) アクセル、ブレーキ、ライトの作動の有無
(4) フレームのコンディション
(5) 前照灯の有無
(6) テールランプの有無
(7) 後部反射器の有無
(8) 方向指示器の有無
(9) 警音器の有無
(10) 後写鏡の有無
(11) 速度計の有無
(12) その他道路運送車体の保安基準(改正後のものを含みます)等法令で備付が要求される箇所の損傷の兆候、異常又は過度の摩耗その他不具合
(13) その他法令(改正後の法令を含みます。)により確認が求められる車体の不具合の有無

ユーザーは、車体の損傷、整備不良その他の不具合(以下「不具合等」といいます。)を発見した時は、車体を運転せず、直ちに当社に連絡することに同意するものとします。当社は、必要に応じて、車体のレンタルの停止その他の措置をとるものとし、ユーザーはかかる措置に従うものとします。
前項に定める当社への連絡を行わず、レンタルを開始した場合には、車体に不具合等は存在しなかったものとみなされ、ユーザーは当該レンタルに関する全てのリスク及び危険に対して、全ての責任(不具合等に起因する事故、ユーザー又は第三者の傷害等を含みますが、これらに限定されません。)を負うものとします。ユーザーは、当社及び他の全ての被免責者(6項で定義します。)が、人身又は財産に関してユーザーにより発生したいかなる負傷、損傷又は費用(車体の不具合に関する車体それ自体、直接又は間接のものを含みます。)につき、責任を負わないことに同意するものとします。
3.2車体の紛失又は盗難
当社は、(i)車体がユーザーによるレンタル開始から24時間以内に返却されない場合、(ii)車体に取り付けられたGPSが機能しない場合、(iii)レンタル終了後10分を超えて、車体がパーキングゾーン以外の場所に駐車されている場合、(iv)車体が、レンタル終了後に駐車された場所から合理的理由なく10m以上移動された場合、(v)その他当社が合理的に紛失又は盗難であると判断する場合、車体が紛失又は盗難されたとみなすことができるものとします。最後に当該車体をレンタルしたユーザーは、車体が紛失又は盗難されたことについて、責任を負うことに同意するものとします。当社が当該車体が紛失又は盗難されたと判断した場合、当社は、当該車体について、車体を最後にレンタルしたユーザー等に関する損害賠償債権その他の補償の取得、警察署への報告書の提出を含む、あらゆる権限を取得するものとします。
ユーザーは、当社のシステムによって生成されたデータ(Bird Ridesによって提供されたものを含みます。)が、ユーザーによる車体のレンタルの期間の決定的な証拠であることに同意するものとします。ユーザーは、車体の消失又は盗難につき、直ちに当社に報告することに同意するものとします。
ユーザーは、レンタル中に車体の盗難が発生したときは、次の各号に定める対応を行うものとします。
(1) 盗難発生後直ちに最寄りの警察に通報すること
(2) 盗難発生後直ちに被害状況その他当社が要求する事項について当社に報告すること
(3) 盗難に関し、当社が要求する書類その他の盗難に関する資料を速やかに提出すること

車体の盗難がユーザーの責に帰すべき事由による場合、ユーザーは当社に対し、当社に生じた損害を賠償するものとします。この場合における当社の損害額は、ユーザーが利用した車体と同等の性能を有する新たな車体の取得費用(当該車体の価格及び取得に要するすべての費用を含みますが、これらに限られません。)相当額とみなされるものとします。
当社は、ユーザーによりレンタル以外の車体の占有その他当社が本サービスの目的に照らし相当性を有しないと認める車体の使用を認めた場合、車体の開錠を申請したユーザー以外の者による車体の使用を認めた場合、又は該当するユーザーによる当社に対する料金の支払状況若しくは車体の従前の利用状況等適切な料金の支払い又は車体の使用が適切になされない可能性を当社が認めた場合、当該ユーザーに対して、車体の当社への返還の請求、車体の回収その他の措置を実行できるものとし、ユーザーは当該措置に対し異議なく従うものとします。この場合、ユーザーは、かかる措置に当社が要した費用及び当社が車体を貸し出すことができなかった期間の逸失利益その他当社に生じた一切の損害を賠償しなければならないものとします。
3.3車体のルート
ユーザーは、当社が車体に乗るための場所を提供又は維持しないこと、及び当社が車体に乗るための安全な場所が常に存在することにつき保証しないことにつき同意するものとします。道路、歩道、車線及び車体ルートは、天候、交通又はその他の偶発的な危険により、危険な状態となるおそれがあります。
3.4車体の利用の制限
ユーザーは、当社が一般的な運送業者ではないことにつき同意するものとします。ユーザーは、公共バスや鉄道サービス、タクシー、歩行者専用道路を含む、公共交通機関と民間交通機関が、一般の人々とユーザー個人が利用するものであることを確認するものとします。ユーザーは、当社が車体をユーザーの便宜のためにのみ提供するものであること、車体を自分で操作する能力と資格を有する、本契約の全ての条件に同意したユーザーのみによる車体の使用を目的とすることをあらかじめ確認するものとします。

4. 終了

当社は、随時、ユーザーの同意なく、当社の独自の裁量により、通知又は理由なしに、本サービスを利用するユーザーの権利を一方的に終了させることができます。
ユーザーは、いつでもユーザーによる本サービスの利用を終了することができます。ただし、(i)当社による返金は行われず、(ii)本契約の期間は本契約に従って継続し、(iii)ユーザーは、本契約に従って該当する追加料金を請求される場合があります。
本契約は、本契約の終了事由のいかんを問わず、本サービスを利用するユーザーの権利が終了した後も、本契約の条件に従い、完全な効力を有し続けるものとします。

5. 画像と肖像のライセンス

ユーザーは以下の事項につき承知のうえで、自発的に、かつ取消不能の以下の行為をするものとします。
(1)ユーザーは、当社、当社の関連会社、承継人及び譲受人に対し、随時、制限なく、本サービスのユーザーによる本サービスの利用に関するユーザーの写真、ビデオその他の記録媒体における風貌及び音声を、すべてのWebサイト、すべての報道、宣伝、広告、その他の商業目的のもの(現在知られているか今後考案されるかにかかわらず、世界中の永続的なすべての形式とメディアを含みます。)に使用することにつき、いつでも完全かつ無条件の同意を与えること
(2)ユーザーは、当社、当社の関連会社、承継人及び譲受人に対し、(a)随時、本サービスのユーザーによる利用に関連するユーザーの風貌及び音声を写真、ビデオテープ、又はその他の方法で記録する権利、(b)著作権目的での職務著作物としての写真、ビデオ、及びその他の記録の結果に関するすべての権利、著作権、権限及び利益、及び(c)随時、当社の独自の裁量により、写真、ビデオその他の記録又はその構成部分を、マーチャンダイジング、プロモーション、広告、及び宣伝に使用、複製、展示、配布、送信、変更及び利用する権利を付与するものとします。
(3)ユーザーは、ユーザーが有し、又は有する可能性のある名誉棄損、プライバシーの侵害、パブリシティ権侵害、著作権侵害又は本条によりユーザーから付与された権利の違反に関する全ての請求(6項において定義します。)から、すべての被免責者を放棄し、解放し、免責するものとします。

6. 免責事項及びユーザーによるリスクの想定

ユーザーは、ユーザーが本サービスを利用するにあたり、当社及びBird Rides(これらの者の承継人及び譲受人を含みます。)を、法令等により許容される最大限の範囲で免責し、補償し、及び損害を与えないことに同意するものとします。
ユーザーは、本サービスを運営するために当社が契約を締結している者(これらの者の承継人及び譲受人を含み、以下総称して「被免責者」といいます。)を、ユーザーによる本サービス、車体、本アプリ又は関連機材の利用に起因して生じ又は関連する「請求」(請求が被免責者の過失、契約違反及び/又は明示又は黙示の保証の違反による場合を含みますが、これらに限られません。)に関する全ての責任を免責し、補償し、及び損害を与えないことに同意するものとします。ただし、請求が被免責者の重大な過失又は故意に基づく場合、この限りではありません。

「請求」とは、総称して、(a)車体、配置、機材、メンテナンス、関連情報、本アプリ、本契約を含む本サービスのいずれかから生じる、又は(b)ユーザーによる前述のいずれかの使用に起因して発生し又は関連する損害(責任、費用、罰金、弁護士費用、訴訟費用等を含みますが、これらに限定されません。また、その範囲も付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害を含みますが、これらに限定されません。)又は損失に係るすべての請求を意味します。

当社及びその他全ての被免責者は、法令等により許容される最大限の範囲で、ユーザーによる本サービス、車体、本アプリ又は関連機器の使用に関して、商品性及び特定目的への適合性の保証を含む、全ての明示及び黙示の保証を否認します。すべての本サービス、車体、本アプリ及び関連機器は「現状有姿」のままで提供され、提供物につき、ユーザー自身がリスクを負うものとします。

ユーザーは、ユーザーによる本サービス、車体、本アプリ及び関連機器の使用には、ユーザー又は第三者の負傷又は死亡、物的損害につながるおそれのあるリスク及び危険が伴うことを認識するものとします。
これらのリスク及び危険は、常に予測又は回避できるとは限りません。リスク及び危険には、以下が含まれますが、これらに限定されません。

車体及びその他の物;
歩行者;
交通状況;
車体又は構成部分の誤動作;
路面の状況;
気象条件;
1.7項に基づく車体の使用及び/又は操作に関する適用法に従わなかった場合。
1.8項に記載されている禁止行為のいずれかの違反。
3.1項に従って必要な安全性の検査を実行しなかった場合。
ヘルメットを着用しなかった場合。
当社、その他の被免責者、ユーザー又は第三者による過失行為又は不作為。

ユーザーは、常に車体の安全な操作につき、単独で完全な責任を負います。ユーザーは、車体が適切にメンテナンスされていても誤動作するおそれのある機械であり、そのような誤動作が傷害を引き起こすおそれがあることに同意するものとします。ユーザーは、関連する全てのリスク及び危険に対して、十分かつ完全な責任を負うものとします。

法令等により許容される最大限の範囲で、この免責事項には、当社、免責された当事者又はその他の当事者の単独又は部分的な過失に関連する又はこれらに起因して生じるすべての請求が含まれます。

【2021年10月25日制定】